悪質なお客さん

悪質なお客さん

一時期ランサーズで積極的に活動していました。

2~3年で400万近く報酬がもらえましたし、親切で素敵なお客さんにも恵まれたと思います。

でも中には悪質なお客さん(以後、悪質さん)もいます。

自社案件をコンペで開催して自前デザイナーの作品を当選させて(支払った金額の8割が悪質さんに戻ってきます)落選案の中からデザインを盗用するようなスキームですね。

その後、悪質さんは落選デザインを使い自社案件を作るわけです。

悪質さんとの折衝~泣き寝入りへ

わたしの落選デザインを使用したサイトが公開されているのを偶然発見しました。最初にランサーズに報告しましたが、こちらの詳細な報告にも調査中を繰り返すばかりで、要求していた悪質さんの登録取り消しも含め全く対応してもらえませんでした。

スーパーの駐車場事故と同じで当事者間で話し合ってね!というスタンスです。

仕方ないので、悪質さん(福岡のホームページ制作会社)にメールで連絡したところ、電話がかかってきて謝罪と報酬の支払いを口頭で説明されました。

ここまでは良いんですが、その後、悪質さんからのアクションは何もなし・・・こちらのメールもガン無視…

弁護士にも相談しましたが、「文章とか違うところもあるねって」感じで、お金にならない案件なのかあまり相手にしてもらえませんでした。で、結局泣き寝入りで終わりました。

ランサーズは誰でも仕事の受発注ができる素晴らしいコンセプトのサービスですが利用する場合は、ある程度のリスクも覚悟しておいた方がいいですね。

※悪質さんは今もランサーズに登録されていてバリバリ営業しています。盗用サイトも公開されっぱなしです…

 

wikiより
ランサーズ株式会社は、クラウドソーシングのプラットフォームであるLancersを通して個人間や個人法人間で仕事を取引する仕組みを提供している企業。Lancersでは仕事を依頼した企業と、仕事をしたい個人がインターネット上で個別に契約し、打ち合わせや納品までインターネット上で完結できる。クラウドソーシングを基軸に、個人の「働く」データベースを活用した事業展開を行っている。

 

BLOG & INFORMATION
jin-office / jin kangsa
TOP