情報弱者を食いものにするな!!

情報弱者を食いものにするな!!

WordpressなんかのCMSを初期状態で設置するだけで、ウン万円も取られていませんか?

最近のレンサバはWordpressに限らず、色々なCMSを自動でインストールしてくれるサービスがあります。月額1000円のレンサバを借りれば、1000円で終わりですよ。

日本のホームページ制作会社が胡散臭いのは情報弱者を狙い撃ちするようなコスずるい仕事をしているからだと思います。

Wordpressはハッキングされまくりなので、その対策に幾つかのセキュリティ系のプラグインを入れる作業をしたとしても、その労力は近くのコンビニへ買い物へ行くぐらいの労力と同じです。

15年以上前からCMSという便利なシステムがあるにも関わらず、未だに静的HTMLでホームページを納品して、あげく写真の入れ替えや文章の書き換えで小銭を稼ぐやり方もセコイというか呆れます。

スマホ対応費用ウン十万円とかも、アホアホしい話です。ネット閲覧の多くはスマホですからね。初めからPC、スマホ、タブレッドに対応することを前提に費用提示すべきです。

お客さんがスマホには対応して欲しくない!とか言うの聞いたことありません。

以前も書きましたがサーバー・ドメイン保守管理料なんかも、情報弱者を食い物にしているとしか思えません。保守管理しているのは制作会社ではありません。サーバーやドメインを扱っている会社が保守管理しています。何も知らないと思って年間何万円もお客さんから取る制作会社が多い事は同業として情けない話です。

BLOG & INFORMATION
jin-office / jin kangsa
TOP