一瞬だけ権力者になりたい

一瞬だけ権力者になりたい

わたしは長ーい期間、下請けで生計を立てています。

私とお客さんの間で頑張って折衝するディレクターさんの苦労があって仕事ができることに感謝しています。

長い間サイト制作を生業にしていると、お客さんの指示に違和感を覚えることもしばしばあります。

例えば、、趣の異なる膨大な情報を発信するのに、ギャラリーサイトみたいな構成を要求してくるみたいな感じです。

見た目重視、ブランド重視はわかりますが、読み物中心なら、INDEX以外は読みやすい文章が主役でイメージで脇を固めるのが王道だと思うんですよ。

でも最終的にはお客さんの要望を取り入れた「限界までおしゃれっぽい」サイトになったりします。そこに至るまでに、お客さんとディレクターの間で何度も折衝が行われ、押し切られた感じですね。問題があること、うまく行かないことが予測できるのにお客さんを説得できない。

わたしは制作を断ることが多々あります

お客さんの意見を取り入れたために目標が達成できないと判断した場合、わたしは制作途中でも断ることにしています。初回のデザイン構成案、修正案、プレゼン資料などの制作に2~3週間費やした末にお断りしたこともあります。

もし、お客さんと折衝するのが副業でWEBディレクターもしているプーチン大統領だったら?

お客さんも「限界までおしゃれっぽい」サイトという主張を撤回せざるをえないでしょう。

そんなアホアホしいことを、たまに空想したりします。

BLOG & INFORMATION
jin-office / jin kangsa
TOP